待ち時間が意外と長い?iPhone修理にかかる時間な目的別おすすめ店について

修理にかかる時間をAppleStore、AppleStore以外の正規店、非正規店の3パターンで紹介しています。また目的に合わせたおすすめ店舗も紹介しています。

「iPhoneの電源が入らなくなった」「落として画面が割れてしまった」「充電の減りが早すぎて使い物にならない」などといったトラブルはiPhoneを長く使っていれば、よく耳にしたり体験すると思います。しかし「思い立ったが吉日」といきなり店舗に行くと対応してもらえず、後日再び顔を出すハメになったり、一度iPhoneを預けることになったり、と予想外のことが起こることも多々あります。そのため今回は、修理にかかる時間や目的別におすすめできる修理店について詳しく紹介していきます。

修理にかかる時間

当たり前の話ですが、故障したiPhoneの修理には多少なりとも時間がかかります。また修理にかかる時間は依頼する店舗によっても変わってきます。ここではiPhoneの修理が可能な
・AppleStore
・AppleStore以外の正規店
・非正規店
以上の3つの修理にかかる時間と注意点などを順に紹介します。

AppleStore

修理にかかる時間はおよそ1~2時間程度ですが、使う部品の在庫や故障の状態によってはAppleリペアセンターへ配送し修理するという形をとることもあるため、1週間近くかかる可能性もあります。

またAppleStore にiPhoneの修理を依頼する場合、必要なのがGenius Barの予約です。 Genius Barと言われるとわかりにくいですが、要するにスタッフ(Genius)が対応可能な時間を予約するということです。事前予約が必須であるため、当日持ち込みで修理してもらうことはまず不可能です。また連日予約でいっぱいなことが多く、希望日の予約をとれないことでも有名です。急ぎでiPhoneを直したい場合には、AppleStore 以外の正規店、もしくは非正規店での修理を検討することをおすすめします。1日中予約のキャンセル待ちをするくらい、根気強く待てるのであればAppleStoreの予約修理でも良いかもしれません、

Genius Barの予約は PCからの場合、手順が多く面倒ですが、iOSデバイス向けに用意されている「Apple Store」アプリからであれば簡単に予約ができます。Genius Barの予約は、キャンセルも多いので、10分間隔などで確認していると、急に空きが出現することがあります。アプリを活用すれば、確認もしやすいためおすすめです。またAppleStoreの店舗自体、混雑していることが多いため、予約当日も早めに行かなければ待たされることがあります。時間ぎりぎりに行かないよう注意して下さい。特に急ぎの修理依頼の場合は、こだわりがなければAppleStore以外を検討してみて下さい。

AppleStore以外の正規店

AppleStore以外の正規店を正規サービスプロバイダ、または正規店と呼びます。正規店の場合もAppleStore同様1~2時間程度で修理が完了します。しかしこちらは、常にたくさん修理部品の在庫を置いているわけではないので、修理箇所によっては取り寄せが必要な場合があり、時間がかかる場ありあります。事前に店舗に問い合わせてから行けば、取り寄せてからの修理も可能です。「取り寄せるので後日来て下さい」などと2度手間になるのが嫌な方は、調べてから修理に行って下さい。

また残念ながらAppleStore以外の正規店で修理を依頼する場合も、基本的に事前予約が必要となります。予約をせず店舗に直接出向いた場合には、予約が優先となるため待ち時間が発生することがあります。場合によっては待ち時間が1~2時間かかるので、注意して下さい。しかし、Apple Storeと比較すると店舗数は段違いに多いので、予約なしで対応してくれる店舗が見つかる可能性も0ではありません。急に修理が必要になった場合には、駆け込みもありかもしれませんが、基本的には予約してから店舗へ行くことをおすすめします。

非正規店

非正規店の場合、修理時間は早ければ30分程度で済みます。厄介な故障でも1時間ほどで修理が終わることがほとんどです。しかし注意ですが、非正規店では純正パーツの取り扱いはしていないため、交換されたパーツは純正に近い代用品ということもあります。体感としてはほとんど変わりませんが「TouchIDが使いたい」「純正パーツでなければ嫌だ」など何かしらこだわりがある場合には、非正規店での修理はおすすめしません。

一番件数の多いiPhoneの画面修理でも、修理の早い非正規店であれば、30分ほどで修理が完了します。予約なしの急な持ち込みでも即対応してくれる場合が多いです。また店舗数も多いため、「その日のうちにすぐ修理したい」という場合にはおすすめです。もちろん予約をすればスムーズに待ち時間もなく修理が済むので、余裕があれば予約してから修理に行って下さい。

しかし非正規店の場合は悪徳業者もあり「修理不可の状態にされた」「違法パーツを使われバッテリーから火が出た」などといった被害にあうことがあります。またiPhoneX以降の機種の画面に使われているのは有機ELですが、安価な液晶が使われたことで「タッチの感度が鈍くなってしまった」という事例なども発生しています。そのため非正規店を使う場合には、事前に口コミや実績を調べておくことをおすすめします。

目的別iPhone修理のおすすめ店舗

iPhone修理が可能なのは前述した通り
・AppleStore
・AppleStore以外の正規店
・非正規店
以上の3つです。しかしそれぞれに特色があり「早くしてほしいのか」「コスパが欲しいのか」など目的によって、おすすめ出来る店舗が異なります。ここでは「こんな人にはこれ」というような形で順に解説していきます。

・AppleStore

・AppleStore以外の正規店

「純正パーツが好きな人」「お金に余裕がある人」「急ぎの修理ではない人」以上3つのどれか1つでも当てはまる場合には、AppleStoreもしくは他の正規店での修理をおすすめします。AppleStoreなどの正規店であれば、純正のパーツでの修理が可能であり、値は張りますがリスクも最小限になります。お金に余裕がある場合には、正規店での修理をした方が結果的にコスパが良い場合もあります。Appleは「修理するなら新しいものを買った方が良い」という考え方のためどうしても正規店やAppleStoreでの修理は高くつきます。そのためあまりお金をかけたくない方にはおすすめできません。また前述の通り予約の仕方も複雑なうえ、店舗数も少ないので急いで修理がしたい方にもおすすめできません。

・非正規店

「急いで修理したい人」「パーツなどにこだわりがない人」「コスパの良さ重視の人」以上3つのどれかに当てはまる場合には、非正規店での修理をおすすめします。非正規店であれば前述した通り、最短30分ほどで修理が完了するうえ、当日にいきなり行ってもすぐに対応してくれることが多く、急ぎの場合には非常に都合が良いです。またこれも前述していますが、非正規店では純正パーツが使えないので「純正パーツでの修理希望」というこだわりがある人にはおすすめできませんが、こだわりのない人であれば純正でない分、安く済むのでおすすめです。さらに非正規店であれば、質の良い代用品を使ってくれるところがほとんどなうえ、修理保証がつくこともありコスパが非常に良いです。また正規店よりかなり安いので、費用面から見てもコスパがとても良いと言えます。こだわりがなく安く済ませたいという方には非正規店での修理がおすすめです。

まとめ

iPhoneの修理時は、店舗によって差が大きいことや、目的によって選ぶ修理店を変えたほうが良いことはお分かり頂けたでしょうか。コスパに関しては圧倒的に非正規店の方が良いですが、もし店舗選びに迷うようであればコスパの良いiPhone修理店「アイフォンクリア」に相談することをおすすめします。総務省登録修理事業者なので安心安全です。ぜひ利用してみて下さい。